SNS

【国内2位のSNS】Twitterの運用方法

こんにちは、もとちかです!

「SNSはTwitterをやってるけど、どう運用したらいいんだろう?」と思ったので、今回は「Twitterの運用」についてメモしてみました。

[toc]

SNSはTwitterがおすすめ?

  • SNS国内月間アクティブユーザー数で2位で、年齢層の幅も広い(1位はLINE)
  • 拡散力がある(リツイート)
  • URLを本文に貼りつけることができるので、宣伝・告知に優れている(InstagramはURLを入れてもリンクとして機能しない)
  • コミュニケーションによって信頼が得られやすい
  • リアルタイムでユーザーの意見が聞ける

Twitterプロフィールの作り方

Twitterでフォローされるには、プロフィールが1番大事なポイント。

ユーザーがプロフィールを見て、

  • どんなアカウントなのか?
  • どんな発信をしているのか?
  • フォローする価値があるのか?

を判断し、フォローする。

アカウント名

肩書きまでがアカウント名。

一般的にアカウント名は、次のようなケースが多い。

おすすめアカウント名

  1. 名前@肩書き
  2. 名前 / 肩書き

このようなアカウント名だとタイムライン上で表示されたときに一目でわかる。

※ポイント ⇒ スマホ表示でタイムラインに表示される文字数は全角15〜17文字前後なので、その範囲に収まるよう考える。

こだわりやトレードマークの絵文字を入れるのも差別化になる。

ユーザー名

世界で一つしかないユーザー名。

ほかの人が使っているユーザー名は使うことができない。

プロフィールページやURLの一部となる。

地名や創業年など関連あるものを入れる。

変更しなくてもいいユーザー名だが、この辺りをしっかりするとオフィシャル感がアップする。

アイコン

まず飛び込んでくるアカウントのイメージ。

  • ロゴがおすすめ
  • 白黒よりもカラフルなほうがユーザーの目にとまりやすい
  • 物の場合、一目で分かるようアップでなく、引きの画像
  • 人物の場合、バストトップで雰囲気が分かるとよし

ヘッダー

アカウントのイメージが伝わるような画像を。

ヘッダーに載せたい要素例

  • アイコンでは伝えられなかった自慢の商品
  • どんな雰囲気か分かる店内の画像
  • ロゴやキャッチコピー
  • 期間限定のキャンペーン画像

プロフィール文

STEP① キーワードを出す

ほかのライバルと比べて、あなたの魅力が際立つ情報を書き出す

STEP② キーワードをピックアップ

ユーザーにとってあまり興味のない情報は削除

STEP③ キーワードを並び替えてプロフィール完成

次の点に注意しながらキーワードを並べていく

プロフィールを作るときの注意点

  • 文章は長すぎないようにする
  • 青文字表示されるURLやハッシュタグは多すぎないようにする(宣伝感が強いと思われる)
  • 絵文字は使っても1、2個程度にする(遊び感覚、クセが強そうと思われる)
  • 「です、ます」は省いて箇条書きにする

細かい部分の情報入力

次のような細かい部分もしっかり作り込んで、プロフィールを完成させる。

  • 場所
  • Web
  • 生年月日

※生年月日を開業日にする場合は注意が必要 ⇒ 13歳未満に設定してしまうとロックの対象になる。(Twitterのプライバシーポリシー)

ツイートテクニック

まずツイートするうえで、以下の準備を心がける。

  • Twitterで発信する目的とは?
  • どのようなユーザーが対象となるか?
  • アカウントの方向性を定める

また、Twitterは親近感のあるコミュニケーションを求めるユーザーが多く、一方的な情報発信は結果に繋がりにくい。

できるだけリプライも行う。

写真

  • 基本、写真は1枚ツイート
  • おすすめ縦横比は「ヨコ:タテ=16:9」

※スマホアプリではタテ長の画像も表示されるが、PCやスマホのブラウザでは、ヨコ長で表示されてしまう。

ツイートが読まれやすくなるポイント

  • 漢字とひらがなの割合は、3:7
  • 漢字が4文字以上続く場合は、単語を入れ替えたり、片方をひらがなにしたり、半角スペースや読点を入れたりして工夫する
  • 絵文字は多くて3つまで
  • 全角と半角の英数字は混ぜない(おすすめは半角)
  • 無機質な告知アカウントになるため、2割は人間味を入れる

改行、箇条書き

文字をつなげて書くと読みにくいため、改行や空白行を使って読みやすくする。

また、ダラダラと文字が並んでいると読む気が起こらないが、箇条書きで表現すると、「パッと見で分かる」「読まなくても分かる」効果的なツイートが作れる。

箇条書きの冒頭に「・」や「☆」などを置くのも良し。

ハッシュタグ

ハッシュタグのメリットは、自分の投稿を見てもらえ、同じことに興味を持つ人とつながれること。

ただし、多すぎるハッシュタグは宣伝目的と見られてしまう。

Twitterはハッシュタグよりもリツイートのほうが重要。

ハッシュタグは多くて3つまで。

誰も使っていないオリジナルの公式ハッシュタグを作る。

オリジナルの公式ハッシュタグを作るときは

  • 誰でも読める
  • 短くシンプルに(理想は4〜6文字)
  • 語呂がいい

オリジナルのハッシュタグはスモールワードなので、ビッグワードと組み合わせることでお互いを補完して活きるハッシュタグとなる。

固定ツイート

固定ツイートは時効性のあるものが最もおすすめ。

おすすめの固定ツイートは、

  • 期間限定の情報、企画
  • 自己紹介
  • メディア掲載
  • バズったツイート

固定ツイートが古いと、放置、やる気のないアカウントを見なされる可能性があるため、固定ツイートもタイミングに応じて入れ替える

投稿時間

一般的な見てもらいやすいツイート時間帯

平日

  • 5:00
  • 11:00
  • 18:00
  • 21:00

■ 休日

  • 8:00
  • 12:00
  • 18:00
  • 21:00

業種別の最適な時間帯にツイートすると、さらに効果的。

ツイートを発信する日時を設定できる「予約投稿」もおすすめ。

※予約投稿はスマホアプリからだとできず、スマホかパソコンのブラウザしかできない。

Twitterのフォロワーを伸ばす方法

対象ユーザーを積極的にフォロー

やみくもにフォローするのではなく、自身の発信に興味・関心がありそうなユーザーをフォローする。

ただし、Twitterユーザーの中には、単にフォロワー数を増やしたいだけの「フォローバック目的」のユーザーが存在し、このようなユーザーは、「いいね・リツイート(RT)」による拡散効果が期待できない。

あくまで興味・関心を寄せてくれそうなユーザーを対象にする。

いいね を活用

興味・関心がありそうなユーザーに対して「いいね」をする。

「いいね」を送ることで、相手に通知が届き、自身のアカウントの存在に気付いてもらうことが可能。

時間はかかるが、自分のフォローを増やさず、フォロワーを増やしたい人におすすめ。

フォローを定期的に整理

フォローしてもフォローバックされないと意味がないので、定期的なフォロー整理は必要。

Twitterの運用ツールアプリを使えば、フォローされていないアカウントのリストを見れたり、ずっとツイートしていない非アクティブなアカウントもリストアップしてくれるので便利。

Twitterで避けたほうがいいこと

ツイート

  • ネガティヴな発言
  • コピペ
  • 関係のないリツイート

リプライ

  • コピペリプライ
  • 営業リプライ

まとめ

Twitterは気軽に運用を始められるだけでなく、他のSNSにはない爆発的な拡散力が期待できるメリットがあります。

しかし、発信に問題があった場合には、思わぬ形で批判が殺到したり、炎上してしまうリスクが伴うことも。

「バカッター」なんかの造語も出てきましたよね。

この記事で紹介した方法を使って、うまくTwitterを運用してくださいね。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

引用・参考文献・参考URL

本内容は、上記の参考資料を元に独自の考察をしたもので、真実を確定するものでなく、あくまで一説です。



この記事も読まれています

-SNS

© 2022 ざつがくメモ Powered by AFFINGER5