SNS

【仕事に繋げる】SNSで発信すべき6つのこと

上司からSNSを使って集客しろって言われたんだけど

何を発信すればいいの?

たしかにそうだよね

SNSの効果的な発信のテーマを6つ紹介するから参考にしてみて

もとちか



近年、「仕事=SNS」と言われるように、SNSを使ったプロモーションの重要性が高まっています。

でも「SNSを使え」と言われても、何を発信すればいいのか分からない、と感じる人もいるでしょう。

そこで、SNSの効果的な発信のテーマをまとめておきます。

発信のテーマは6つ。

  1. 過去の作品やスキルが分かるような発信
  2. 過去の経験から得た体験談
  3. 他の人の役に立ちそうな情報
  4. 自分の価値観の発信
  5. 自分が最近挑戦していることの発信
  6. 親しみをもってもらえる発信

①と②については、どんな些細なモノでも仕事の種になり得ます。

②や③に関して発信するときに助けとなるのが、「過去の自分にアドバイスすることは何か」と思いを巡られることです。

世の中には、「自分の過去の状態」にある人が山ほどいます。

そんな彼らに、「あなた自身が過去の自分にアドバイスしたいこと」は、とんでもなく突き刺さります。

たとえば発信のターゲットが駆け出し投資家だとしたら、「現役投資家が参考にした、オススメの投資本」なんて、興味をそそられませんか?

④に関しては、「一般論ではこんなことを言われているけど、そうとも言い切れない部分があるよなぁ」と思うことを発信してみるといいと思います。

たとえば、「お年玉は貯金するのが良いとされているが、お年玉は使った方が良い」みたいな発信です。

内容は、「小中学生のときに一万円を自己投資に使えば、一生に影響を与える知識や経験になりうるけど、大人になってからの一万円は簡単に稼げるし、ありがたみが薄れてしまう。使うなら早く使ったほうがいい。」というもの。

自己投資の重要性を主張したこのツイートは大きな反響を呼びました。

⑤は、フォロワーに「この人、口ばっかじゃなくて、実際に行動している人なんだな」と思ってもらうのに効果的です。

たとえば、私であれば「健康において筋トレは大事だ」という価値観を発信するだけでなく、実際に筋トレをしていると発信することで、価値観に沿った行動をしていると知ってもらえます。

SNSでは、「口だけは達者だが、実際には全く行動していない人」、いわゆる口だけ人間が多く存在します。

逆にいうと、そういう人が大半を占めるSNSの世界だからこそ、少し行動して結果を出すだけで周りに圧倒的な差をつけることができるのです。

行動を伴った発信をすることで、説得力が格段に増すわけですな。

最後に⑥は、いわば「おまけ」。

あまり真面目な発信ばかりでは、「人間味が感じられず、とっつきにくい」と思われてしまいがちです。

たまには真面目さを落として、人間味ある発信も入れてみることをオススメします。

 

ってことで、「SNSをうまく活用して自分をアピールしよう」ってお話でした。



もとちか

終身雇用はなくなっていくし、これから個を発信していくことは大事になっていくよな~

<今週の人気記事>



今回のおすすめ本

内容紹介(「BOOK」データベースより)

「自己投資」の効率のよさは驚異的。無知の恐怖。知識がないと、「損をしていること」にすら気づかない。できる経営者は「リスク」をとらない。「みんなが勝手に挫折していくこと」を勉強する。「圧倒的ギブ」が正しい…人生の攻め方、守り方、チート化を最速で身につける最強の学び方。

本内容は、上記の参考資料を元に独自の考察をしたもので、真実を確定するものでなく、あくまで一説です。



-SNS

© 2023 ざつがくメモ Powered by AFFINGER5