メンタル・ストレス

【死の恐怖】死を想うことで良い生き方ができるのか「フロリダ州立大学の研究」

【死の恐怖】死を想うことで良い生き方ができるのか「フロリダ州立大学の研究」

【死の恐怖】死を想うことで良い生き方ができるのか「フロリダ州立大学の研究」

「今日が人生最後の日なら、今日することは自分がしたいことだろうか?答えがノーであるときはいつも何かを変える必要があるとわかります。」

1998年にスティーブ・ジョブズ氏が語ったスピーチです。

過去の哲学者たちも「死を想う」ことの大切さを書き残しています。

果たして、生の有限さを想うことで、私たちは本当に良い生き方を選べるようになるのでしょうか。

死を想うと他者に優しくなる?

2008年にフロリダ州立大学のマシュー博士が行った実験では、墓場の前を通るように指示した被験者は、すれ違った人が落とした荷物を拾ってあげる確率が40%もアップしたそうです。

2010年の追試でも同じ現象が確認されており、死を考えるように誘導された被験者は地球環境やコミュニティへの感謝の気持ちが増し、エコロジーや寄付活動に友好的な態度を取るようになりました。

このような現象が起きる理由について、スキッドモア大学のシェルドン氏は、以下のように説明しています。

自分の死について考えたものは、不安に対象すべく、自分よりも大きなものにすがりつきたい気持ちが芽生え始めます。

先ほどの実験でいえば、恵まれない人への寄付を行い、見知らぬ人の落とし物を拾うことで、「大きな集団の一部」なのだとの意識を手に入れ、どうにかして死の恐怖をやわらげるのです。

2011年の東日本大震災が起きた際にも「地域の絆が強くなった」といった報告が多かったのは、死の感覚に対抗した反応だと解釈できます。

マイナスに働くケースもある?

「死を想う」ことがマイナスに働くケースもあります。

2001年に起きたアメリカ同時多発テロでは、アメリカ国民に死の恐怖を植え付けました。

FBIの統計では、2000年には33件だったイスラム系へのヘイトクライム(憎悪を動機とする犯罪)が、テロの年には600件まで急増しました。

これもまた、死の恐怖からの行動です。

テロへの恐怖に対して多くの者は「アメリカ国家」を帰属の対象に選び、その結果、他民族への排他的な行動につながったわけです。

健康意識も左右する?

ロンドン大学の実験では、被験者に死の恐怖を思い出させたあとで、被験者がどれだけ健康な食事をしたくなったのかを尋ねました。

その結果、反応は2つに分かれました。

ある者は死への恐怖で野菜を食べたり運動するのが高まったのに対し、別の者はジャンクフードやタバコへの欲求が増えたと答えたのです。

ミズーリ大学のジェイミーは、この理由を以下のように説明しました。

長生きのために野菜や運動が必要だと信じている人なら、死の恐怖に対してより健康的な暮らしへの欲望が高まります。

一方、健康的な暮らしは無意味だと考えていれば、どうせ死ぬのだから好きなことをしようという気分になるでしょう。

本人の考えにより反応は大きく違うのです。

まとめ

「人間は無意識に死への不安を感じており、私たちが選ぶ行動の多くは、その恐怖を解消するために行われる」

心理学では「脅威管理理論」と呼ばれる考え方です。

私たちはいつも死の不安をやりくりしながら生きています。

死を想うことで良い生き方ができるかは、本人の考えによって結果が変わるということですね。

おすすめ関連記事

こちらもCHECK

【長寿の秘訣】健康寿命が長い人の共通点 / 慶応大学医学部の研究

続きを見る

参考文献

本内容は、上記の参考資料を元に独自の考察をしたもので、真実を確定するものでなく、あくまで一説です。

-メンタル・ストレス

© 2023 ざつがくメモ Powered by AFFINGER5