お金・ビジネス

相手に話の内容を分かりやすく伝えるコツ

相手にうまく伝えるのが下手で、仕事で喋ったりメールを作ったりするのが苦手

なにかいいコツある?

まずは結論から話すといいみたいだよ

もとちか



「まず、結論から話しなさい」

これは多くのビジネス書で書かれているので、一度は聞いたことがある人もいるかもしれません。

それでもあらためてここで書いたのは、これがもっとも重要で、コミュニケーションの鉄則だからです。

多くの人は、物事は順番に話すのがふつうでしょう。

学校でも、起承転結、つまり順番通りに話しなさいと習った人のほうが多いはずです。

それに対して、結論から話す方法を「帰納的な話し方」といいます。

たとえば、

この液体と、この液体を混ぜたら、○○ができました。【結論】

なぜそういう現象が起きたのかというと、次のような理由からです……

このように、まず結論から話し、続けて詳細を明らかにしていきます。

まず、言いたいことを書く。

そのあとに、どうしてそういうことになるのか、の理由付けをしていく。

こうすることのメリットは、「物事がシンプルに明確になる」ということです。

それにより、短い時間で相手に必要なことを伝えることができます。

結論から話す方法論としては、「PREP法」というものがあります。

PREPとは、次の用語の頭文字を並べたものです。

Point = 結論

Reason = 理由づけ

Example = 具体例

Point = 結論の繰り返しで締める

これを、繰り返し意識して、できるようにしましょう。

ふだん話すときも、思いついたことから喋るというクセをなくしてください。

一度、PREPの型を思い出して頭の中を整理する、そして結論から話すのです。

報告書はもちろん、日常のメールも、話すときも、答えるときも、会議の運営も、すべて、結論から。

PREPの型に沿って。

 

ってことで、「相手に何か伝えるときは結論から話そう」ってお話でした。



もとちか

今度からこういう方法でブログ書いてみよ

<今週の人気記事>



今回のおすすめ本

内容紹介(「BOOK」データベースより)

新人からベテランまで今日から使える外資系コンサル出身者の知恵を集めて厳選!できるプロフェッショナルに共通する一生モノのベーシックスキル30!

本内容は、上記の参考資料を元に独自の考察をしたもので、真実を確定するものでなく、あくまで一説です。



-お金・ビジネス

© 2023 ざつがくメモ Powered by AFFINGER5