健康・美容

【脳の萎縮・老化】原因は?

こんにちは、もとちかです!

最近、「忘れっぽくなった」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

その症状、実は脳に異常が起こっているのかもしれません。

今回は、「脳が萎縮・老化する原因」について紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは、どうぞ!

[toc]

太れば太るほど脳が萎縮する

アメリカのアリゾナ大学は、肥満と脳の認知機能の関係をイギリスに住む21,500人を対象に15年間調査しました。

その結果、次のようなことが明らかになりました。

  • BMIが高くなればなるほど認知機能が低下
  • BMIが4.34ポイント上がるごとに、認知機能が2.22か月ほど低下

つまり、太れば太るほど脳の認知機能は低下するということです。

これは、太ることによって炎症物資が分泌され、脳が炎症を起こし、老化が促されることが原因です。

肥満が悪いというよりも、炎症が進むことの方が問題視されています。

目安としては、太った状態を4年間放置すると、炎症レベルが急上昇すると報告されています。

また、イギリスのラフバラー大学は、9,652人の体脂肪と脳のサイズを計測し、体脂肪と脳のサイズの関係性について研究しました。

その結果、体脂肪が多くなればなるほど、脳の灰白質という部分が萎縮していることが明らかになっています。

唐辛子を大量に食べると脳が発達しない

数多くの研究により、腸内細菌の情報が脳の発達に影響していることが分かっています。

腸内にはさまざまさな菌がいますが、たとえば幼少時に腸管の神経を破壊してしまうと、菌がつくった情報が腸管から脳に伝わらなくなり、脳が発達しなくなります。

どうして腸管の神経が破壊されるのかというと、唐辛子に含まれているカプサイシンです。

唐辛子は少量であれば辛みを感じるだけですが、量が多いと知覚神経が破壊されます。

そして、知覚神経が破壊されると腸管からの情報が脳に行かなくなるのです。

とくに乳幼児が食べると腸と脳の連動が破壊されてしまうので、子どもに激辛料理を食べさせるのは良くありません。

過去を思い出すと脳が老化する

理化学研究所の木村らはマウスを使った実験で、過去の記憶を長時間思い出すと、その記憶が脳にしまわれるときに「タウ」というタンパク質が蓄積されやすくなることを明らかにしました。

このタウタンパク質は、脳に蓄積すると記憶障害を引き起こすことが知られています。

つまり、長時間過去の思い出にひたり、かつそれが頻繁になってくるほど脳が老化しやすくなるということです。

それまで、タウは年齢を重ねるほど蓄積量が増えることがわかっていましたが、その理由はよくわかっていませんでした。

この実験によって、歳をとるほど経験が増え、過去を思い出す機会が多くなるためにタウの蓄積量が増えるのではと考えられています。

菓子パンを食べると記憶力が低下する

研究によると、菓子パンやスイーツなどの「高脂肪食」は記憶力を低下させてしまうと報告されています。

研究チームは、脂肪分と糖分の多い食事をすると脳の海馬が小さくなり、記憶が損なわれやすいことを発見しました。

特に成長期にある子どもが特に影響が大きいようです。

まとめ

今回は、「脳が萎縮・老化する原因」について紹介しました。

以下、この記事のまとめです。

この記事のまとめ

  • 太れば太るほど脳が萎縮する
  • 唐辛子を大量に食べると脳が発達しない
  • 過去を思い出すと脳が老化する
  • 菓子パンを食べると記憶力が低下する

つまり、身体に悪いことは脳にも悪いってことです。

反対に、脳を活性化させるには次のような方法があります。

  • 新しいことにチャレンジする
  • 食べ物をよく噛む
  • 定期的な運動

脳に悪いことをしてるって人は、脳を活性化させることにも取り組んでみてくださいね。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!



引用・参考文献・参考URL

本内容は、上記の参考資料を元に独自の考察をしたもので、真実を確定するものでなく、あくまで一説です。

この記事も読まれています



-健康・美容
-, ,

© 2022 ざつがくメモ Powered by AFFINGER5