ダイエット

【ダイエット】食欲を5分の1まで抑える方法

こんにちは、もとちかです!

「若いときは食べても食べても体重が増えなかったのに、歳をとると少し食べただけで太ってしまう」って人は多いのではないでしょうか?

私も若いときは体重を増やしたくて食べまくり、食事が嫌になるほどでしたが、現在では食事が楽しくて楽しくて気を抜くと体重は増加の一途…。

そんな体重増加の敵はなんといっても「食欲」ですよね。

実は、そんな食欲を5分の1にまで抑える方法が報告されました。

ダイエットしたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは、どうぞ!

[toc]

衝動を抑えるには「タッピング」が有効?

参考

ニューヨーク市聖路加病院のウェイルらは、「タッピング」に生理的な衝動をカンタンにおさえる効果があると発表した。

タッピングとは、手の指全体で「トントントン」と軽く叩くように動かす動作のことで、このタッピングを額に向けて30秒行うと「暴食」の衝動が半分におさえられるという研究結果が報告されている。

タッピングする場所は耳などでもよく、さらには「壁を叩く」ことでも3分の2程度におさえる効果があるとのこと。

このようなことが起こる理由として、意識をそらすこと、また時間を経過させることで理性を働かせることができるため、と考えられている。

漫画「ザ・ファブル」の主人公、佐藤アキラも集中するときに額をトントンと叩く行為をしますよね。

あれは科学的に効果が認められた行為だったってわけです。

でも、人前でやってたら「あれ、あの人イライラしてんのかな?」って思われそうですよね。

家でやってても癖で出ちゃいそうだし、私には現実的じゃないかな〜。

気にならないという方は、どんどんやっちゃってください。

テトリスをやると衝動的欲求が5分の1になる?

参考

プリマス大学のシュコルカ・ブラウンらの実験では、参加者に1週間、1日3分以上スマホで「テトリス」をプレイしてもらった。

その結果、食べもの、お酒、タバコ、性欲、またドラッグや遊びに出かけるといった衝動的な欲求が5分の1までおさえられた。

参加者は1週間で平均40回以上プレイしたが、継続して効果があった。

テトリスはパズルとしての難易度がほどよく、思考的にも視覚的にも意識が集中することがよいのでは、考えられている。

これはよくしてますね、ゲーム。

私はテトリスでなく、麻雀ですが。

テレビや映画、YouTubeなんかは手が空いてるんで、お菓子とか食べちゃうんですが、ゲームは手が空かないですからね。

私も減量期はお腹が空いてどうしようもないので、いつもゲームしてました。

本当におすすめ。

まとめ

私たちの体ってすごい複雑なつくりと思いきや、意外に単純なところもあっておもしろいですよね。

ここで紹介した方法は食欲だけじゃなく、落ち込んだり、イライラしたときなどにも役立ちます。

感情を落ち着かせたいときは、ぜひ試してみてくださいね。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

引用・参考文献・参考URL

本内容は、上記の参考資料を元に独自の考察をしたもので、真実を確定するものでなく、あくまで一説です。



この記事も読まれています



-ダイエット
-

© 2022 ざつがくメモ Powered by AFFINGER5